オーストロアジア語族

オーストロアジア語族(オーストロアジアごぞく、Austroasiatic languages)あるいはアウストロアジア語族は、東南アジアからインド東部・バングラデシュに散在する言語語族である。南アジア語族と訳されることもあるが、地域名の南アジアとは異なる。このうちベトナム語クメール語およびモン語は古くから記録があり現在でも多くの話者がいるが、その他は少数民族の言語である。ベトナム語(ベトナム)、クメール語(カンボジア)、サンタリ語インドジャールカンド州)は公用語として用いられている。

伝統的に東南アジアのモン・クメール語派とインドのムンダ語派に分類され、168 の言語(モン・クメール語派 147 とムンダ語派 21)が記録されている。しかしこの語派分類は確証のあるものではなく、モン・クメール語派はまとまりをもたないとする説もある。

上位分類

オーストロアジア語族全体に共通の特徴は少ない(共通基礎語彙に基づいてまとめられている)が、古くは接頭辞接中辞文法派生機能を果たしたらしい。この点で類似しているオーストロネシア語族とともに、オーストリック大語族 (Austric superfamily) にまとめる説もある。

アイヌ語(族)がオーストロアジア語族に、深層で接続するのではないかという仮説がある。Jäger (2015) は、古い時代の言葉を再構築する語源学的方法によらず、ジョーゼフ・グリーンバーグの提案した計算言語学的方法、すなわち大量の語彙同士を比較する統計的かつ自動的な方法論により、当該仮説に肯定的な結果を得た。また Jäger (2015) によると、ユーラシア全体の言語を分類する目的で上記方法論を用いた場合、オーストロアジア語族とアイヌ語と日琉語族は同一のスーパークレードに分類される可能性がある。

下位分類

分類は諸説あり、語彙統計学的に確たる証拠が見出されていない。ポール・シドウェル(Paul Sidwell)は自身の著作(Sidwell (2009))においてロジャー・ブレンチ(Roger Blench)による以下のような言葉を引用しつつ、語派レベルにモン・クメール諸語という括りを設けずにいきなりモン諸語(Monic)なりクメール語なりVietic諸語なりをムンダ語派と並置するという姿勢を取っている。

Glottolog 4.2.1 における言語系統分類も Sidwell (2009) を踏襲したものとなっている。

歴史

長江流域が源郷と考えられており、稲作の拡散とともに東南アジア、インド東部に分布を広げたようである。後に他の言語(シナ・チベット語族タイ・カダイ語族)が広がって分断されたと考えられているが、それら新しく広がった言語にも影響を残しており、例えばネパール東部のシナ・チベット系言語にはオーストロアジア語族に由来する単語があり、サンスクリットドラヴィダ語族にもムンダ語派が影響を与えているとされる。

オーストロアジア語族を話す人々の遺伝子はY染色体ハプログループO1b1と関連している。O1b1はほとんどのオーストロアジア系民族で高頻度に見られ、ニコバル諸島では100%である。この遺伝子は、稲作の拡散とともに、東南アジア南アジアへは紀元前2500年以降に広まったと考えられる。

脚注

[脚注の使い方]

外部リンク


Uses material from the Wikipedia article オーストロアジア語族, released under the CC BY-SA 3.0 license.