中生代

中生代(ちゅうせいだい、: Mésozoïque: Mesozoic era)は、古生代・中生代・新生代と分かれる地質時代の大きな区分の一つである。約2億5217万年前から約6600万年前に相当し、魚竜首長竜モササウルス恐竜が生息していた時期にほぼ対応する。

中生代は、さらに以下の3つのに細分される。

三畳紀

  • 約2億5,217万年前〜約2億130万年前
  • 魚竜と首長竜が出現。
  • 爬虫類から、恐竜が出現。
  • 単弓類哺乳類の系統とわずかの小型種を除いて絶滅。

ジュラ紀

  • 約2億130万年前〜約1億4,500万年前
  • 魚竜と首長竜が繁栄、首長竜の天下。
  • 恐竜が繁栄、原始的な鳥類の出現。

白亜紀

参考文献

  • 国立天文台編『理科年表 平成20年』丸善、2007年。ISBN 978-4-621-07902-7

関連項目

外部リンク

  • 仲田崇志 (2009年10月29日). “地質年代表”. きまぐれ生物学. 2011年2月14日閲覧。


Uses material from the Wikipedia article 中生代, released under the CC BY-SA 3.0 license.