英連邦王国

青が現在の英連邦王国。赤がかつて英連邦王国であった国。

英連邦王国(えいれんぽうおうこく、英:Commonwealth realm)、あるいは、コモンウェルスレルム(一般に定着した日本語訳が存在しないため)は、コモンウェルスの加盟国で、イギリスの君主法人としての国王も参照)に在位する者を自国の君主国王)・元首として戴く、個々の独立した主権国家を指す。

「英連邦王国(Commonwealth realm)」という名称の、1つの王国が存在するわけでもなければ、1つの連邦が存在するわけでもなく、あるいは、1つの国家や1つの国家連合が存在するわけでもなく、あく���でも個々の独立した主権国家を各々「Commonwealth realm」と呼び、2020年の時点で16か国が存在する。

概要

各国の地位・関係

いずれもコモンウェルスの加盟国であり、その内、イギリス以外は、かつてイギリスの植民地だったが、現在では、イギリスと対等な独立主権国家であり、イギリスを含む各国は、人的同君連合(同一人が複数の国の君主を兼ねている・共通の中央政府を有さない・法人としての国家も別々)の関係にあたり、君主の地位(王位)も各々が独立している。

20世紀の半ば(日本で言う「終戦」)までは、「自治領(ドミニオン、: dominion)」と呼ばれていたものの、1926年の帝国会議で主権的地位がイギリスから承認され、1931年のウェストミンスター憲章の採択によって実質的に独立国となった。

このウェストミンスター憲章の時点では、まだ法人としてのイギリス国王への忠誠が自治領の条件として残っていたが、それも1949年のロンドン宣言によって不要となり、この頃から「自治領(ドミニオン、: dominion)」の呼称も使用されなくなったことで、新たに「Commonwealth realm(コモンウェルス・レルム)」と呼ばれるようになった。

王位の関係・継承

現在の君主は、女王エリザベス2世であり、その王位の法定推定相続人は、ウェールズ公チャールズ王太子である。

例えば現在のエリザベス2世は、バハマで「バハマ女王」として、カナダで「カナダ女王」として、ツバルで「ツバル女王」として、それぞれ君臨する(君臨すれども統治せず)のであり、いずれも決して「イギリス女王」として君臨するわけでなく、各々の王位が相互に独立している関係にある。

それゆえ、王位継承の資格や順序を改める際には、各国で足並みを揃えて国内法を改正する必要があり、その実例として、2011年に王位継承順位などを改めるパース協定が各国間で締結され、全ての国において法的手続きが完了した2015年に新たな王位継承ルールが発効している。

現在のエリザベス2世のように君主が女性の場合、いずれの王位も名称が「Queen(クイーン)」となり、それが男性であれば「King(キング)」となる、という点も同様・共通である。

総督

君主は、基本的にイギリスに在住しているため、イギリス以外では、その任命する総督が代理を務める(各国内の序列の上で国王に次ぐ次席にあたる)。

いずれの国も、政体の基礎としてイギリス式のウェストミンスター・システムを採用し、形式上の君主主権の下、「議会における女王」の概念に則り、法人としての国王に帰属する国王大権議会を通じて行使され、首相が実質的な政治リーダーを務める議院内閣制によって統治されており、君主や総督は、首相・内閣枢密院からの助言輔弼)の通りに名目上の大権を行使するものとされ、その職務の多くが儀礼的・形式的な行為であり、「君臨すれども統治せず」の原則が貫かれている。

総督の人選も各国内で行われ、各国の政府(首相や内閣)から推薦された人物が君主によって総督に任命される。

現在の君主

現在の英連邦王国一覧

独自の王位を持たないがコモンウェルス・レルムに含まれる国・地域

ニュージーランド国王(女王)を君主として戴くコモンウェルス・レルムたる、ニュージーランド王国(レルム・オブ・ニュージーランド、: Realm of New Zealand)には、ニュージーランドのみならず、以下の地域が含まれる。

  1. ニュージーランド自由連合を結び、それぞれ数十か国に国家として承認されている、事実上の独立国。
    1. クック諸島
    2. ニウエ
  2. その他の地域
    1. トケラウ国際連合非自治地域リストに掲載)
    2. ロス海属領南極においてニュージーランドが領有権を主張している地域

過去の英連邦王国一覧

シエラレオネ女王旗
トリニダード・トバゴ女王旗
マルタ女王旗
モーリシャス女王旗

ドミニオンであったがコモンウェルス・レルムにならなかった地域

関連項目

Uses material from the Wikipedia article 英連邦王国, released under the CC BY-SA 3.0 license.